商工会、観光機構、育英短大 地元企業で活躍人材育成へ協定 安中
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
商工会、観光機構、育英短大 地元企業で活躍人材育成へ協定 安中

 安中市商工会と市観光機構、育英短大は10日、地元の企業などで活躍する人材育成に向けて連携する協定を結んだ。関係者が市商工会館で協定書を交わした=写真。
 協定では、育英短大現代コミュニケーション学科観光・ブライダルコースの学生らをインターンシップ生として会員企業で受け入れたり、市内のイベントに参加してもらったりする。市内で活躍する人材の育成に産学連携で取り組む。
 締結式で同短大の石井学学長は「連携事業を通じて、地元への愛着や使命感を持ってもらいたい」とあいさつ。市商工会長と市観光機構理事長を務める武井宏さんは「インターンシップなどを通じ、安中に住みたいと思ってもらえる環境づくりを進める」と述べた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
関連記事