女性活躍のヒント学ぶ 連合群馬セミナー
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
女性活躍について語る渥美さん

 女性が活躍できる環境づくりに向けて、連合群馬(富沢誠会長)の「男女平等参画推進トップセミナー」が11日、前橋市の県勤労福祉センターで開かれた。労働組合役員ら約60人が女性活躍のヒントを学んだ。  東レ経営研究所主任研究員の渥美由喜(なおき)さんが講師を務め、ワークライフバランスやダイバーシティーをテーマに自らの経験を基に語った。  ノンアルコールビールやチャイルドシート、センサー付き照明はいずれも働く母親が生み出したと説明。「生活者、消費者視点で自分たちの商品、サービスを見直すのが重要」とした。  自身の子育て、介護の経験から「相手の目線でどう歩めるかというスキルは、特に女性部下のマネジメントに非常に生きた」と語った。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
関連記事