仕事の悩み、考え共有 前橋でサポステ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
自身の近況について話し合う参加者

 若い世代の就労支援に取り組むぐんま若者サポートステーション(サポステ)は10日、前橋市の前橋テルサでセミナーと懇談会を開いた。就活中やサポステの支援で就職した約20人が参加し、働くことに関する考えや悩みを共有した。
 サポステで企業と若者のマッチングを担当する八木敏夫さんが講話した。仕事に取り組む上でのポイントとして「与えられた仕事のやり方を早く覚える」「無理なく無駄なくムラなく遂行する工夫をする」などを挙げた。
 参加者は3グループに分かれ、就きたい仕事や職場での近況、大変な面について話し合い、交流を深めた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
関連記事