本番さながら模擬就職面接 大間々高と桐生西ロータリー みどり
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
本番さながら模擬就職面接 大間々高と桐生西ロータリー みどり

 9月に始まる企業の採用試験に向け、みどり市の大間々高(今井俊一校長)は22日、3年生の希望者に模擬面接を行った=写真。桐生西ロータリークラブの会員が面接官役を務め、本番さながらの緊張感の中で43人が面接に臨んだ。
 3人一組の集団面接で、面接室への入退室時の礼儀作法を確認したほか、質問に応じて志望動機や得意分野、趣味などを答えた。最後に、面接官役の会員が気付いた点をアドバイスした。
 同校は、卒業生の4割が企業などに就職している。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
関連記事