「魅力や思い伝えて」 人材確保テーマにセミナー 伊勢崎
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
人材確保に有効な手法を説明する国宗さん

 「人手不足時代の人材確保に『効く』」と題したセミナーが23日、伊勢崎市の結婚式場で開かれた。北陸人財開発サポート社長で中小企業庁よろず支援拠点の全国本部サポーターを務める国宗一之さんが、学生を引きつける求人票や自社サイトの特徴を伝えた。
 国宗さんは公共職業安定所で求人開拓推進員を務めた経験などを踏まえ、多くの求人票で求職者の知りたい情報が不足していると指摘。仕事内容や勤務地など具体的な内容を書いただけで応募者が増えた例を紹介した。
 地域の学生と企業を結ぶ取り組みにも触れ、「学生たちは地元にどんな企業があるかを知らない。自社の魅力と社長や社員の思いを伝えれば人材不足はあり得ない」と訴えた。
 アイオー信用金庫のビジネススクール卒業生でつくるアイオー・ビジネスクラブが主催し、県よろず支援拠点が共催した。同クラブ会員の若手経営者ら約80人が受講した。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
関連記事