「仕事と家庭 両立を」 女性管理職が意見交換 前橋
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
働き方改革について話す参加者

 管理職や現場リーダーの女性の意見交換会が3日、前橋市の前橋プラザ元気21で開かれた。県内企業や自治体で働く48人が参加し、座談会やグループでの議論を通して、働き方改革やキャリアデザインについて考えた。
 座談会には4人が登壇し、仕事と家庭の両立について実体験を語った。鉄骨製造の鐵建(藤岡市)で総務部次長を務める山下雅美さんは、「仲間に報告・連絡・相談することで仕事の内容を共有し、家庭との両立を目指して」と、会場の女性たちにエールを送った。
 女性リーダーに必要な技能を身に付けてキャリアアップにつなげてもらおうと、女性活躍推進法が施行された2016年から県が開いている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
関連記事