「働く意義」に耳傾ける 市前高で2経営者講演 前橋
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
「働く意義」に耳傾ける 市前高で2経営者講演

 キャリア教育に役立てようと、前橋市立前橋高は、ソウワ・ディライト(同市)の渡辺辰吾CEO=写真左=とユーザベース共同創業者の新野良介さん(高崎市出身)=同右=を招いて講演会を開いた。2人が「働くことの意義」をテーマに講演し、1年生240人が耳を傾けた。
 渡辺さんは働くということについて、「会社のためにでなく、自分らしくあるために働いている。わくわくすることが大切」と説明。新野さんは「どんなささいな仕事でも世界につながっている。愛と情熱を大切にして」とアドバイスした。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
関連記事