《ぐんま愛 ここに生きる》群馬どう盛り上げる? 都内で若者交流イベント
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
群馬の盛り上げ方について話し合う参加者

 「群馬」をキーワードに若者が興味や夢について語る交流イベント「ダイアゴナル・アイデアソン」が19日、東京都内で開かれた。若手社会人ら約20人が群馬を盛り上げるためのアイデアを出し合った。
 「たまたま群馬がふるさとになった」をテーマに、本県の関係人口増に向けて取り組むGmotoProject(ジモトプロジェクト)と県内で「100人100日ミュージカル」を企画したコモンビート群馬が合同開催した。同プロジェクト代表の小圷(こあくつ)琢己さん(26)=高崎市=は「皆さんが“101日目”に何ができるかを一緒に考えていきたい」とあいさつし、移住でも観光でもない、新たな地域との関わり方の可能性を語った。
 多くの人を巻き込んで群馬を盛り上げるにはどうしたらよいか、アイデアを発表するアイデアソン&プレゼン大会が行われた。
 同プロジェクトは、平日は都内などで働き、週末を群馬で過ごす新しい関係人口増加構想を提唱して活動を続けている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
関連記事