《ぐんま愛 ここに生きる》地元就職の魅力語る 高崎経済大でシゴトーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
仕事について意見を交わす学生と企業の採用担当者

 地元企業の魅力を伝えて就職を促す「県内企業と大学生の交流会~ぐんま若者シゴトーク~」が29日、高崎市の高崎経済大で開かれた。就職活動に向けて情報収集をしている学生や大学院生が、県内4社の人事担当者と仕事について語り合った。
 いずれも前橋市に本社を置く群馬銀行、佐田建設、ジーシーシー、ベイシアが参加した。各人事担当者は会社概要や社風、ワークライフバランスを支える制度などを紹介。学生は「産休は取れますか」「研修制度にはどのようなものがありますか」などと、積極的に質問していた。
 経済学部3年の柳生ちひろさん(21)=埼玉県春日部市=は「具体的な仕事内容を聞けた。群馬で働くことを考えたい」と意欲的に話した。
 上毛新聞社が主催し、県が協力した。次回は6日に前橋工科大で予定している。
ぐんま愛ここに生きる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
関連記事