《ぐんま就活ジャンプス 2021》会社の魅力説明会で 前橋で採用活動支援セミナー
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
熱心に耳を傾ける企業の採用担当者

 企業の採用活動を後押しする「採用活動サポートセミナー」が20日、前橋市の上毛新聞社で開かれた。県内33社の採用担当者約50人が講演や企業分析を通じて、自社の魅力や強みを学生にどう伝えるかを考えた。
 ソーシャルデザイニング研究所(東京都千代田区)の尾崎孝之さんが「魅力ある会社説明会の作り方」と題して講演した。尾崎さんは「説明会は求職者が応募を決める重要なもの」と強調。合同企業説明会では「何の会社なのか分かりやすいよう、装飾などを工夫して」と呼び掛けた。
 その後、参加者は経営分析の手法で自社の長所を分析。尾崎さんは「その魅力を漏れなく伝えてほしい」とし、「仕事の具体的内容を伝え、どこでどう活躍してもらいたいかを話すことが採用につながる」と指摘した。
 上毛新聞社が取り組む「ぐんま就活ジャンプス」の一環として開かれた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
関連記事