外国の高度人材を 前橋で企業20社説明会
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 県内にいる外国語指導助手(ALT)や留学生といった外国人材の定着を図ろうと県は30日、前橋市内のホテルで合同企業説明会を開いた。高度人材としての採用を目指す20社がブースを設け、約70人の外国人が情報収集をした。
 海外展開を進める製造業や訪日外国人受け入れに力を入れる宿泊業などが業務内容や求める人材像をPR。参加した外国人は積極的に質問していた。
 東吾妻町でALTをする清水ジェイムスさん(30)は母国イギリスで自閉症児の教育支援をしていた。「自然や街並みの素晴らしい群馬で、以前のキャリアが生かせる仕事に長く取り組みたい」と話した。
 高齢者福祉施設を運営するグリーンハート(玉村町)はフィリピン出身者を雇用しているといい、「心の通った仕事ぶりは国籍に関係がない」と優秀な人材の獲得に期待を寄せた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
関連記事