《ぐんま愛 ここに生きる》「社員大事に」理念発信 県立女子大でシゴトーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
真剣な表情で採用担当者の説明を聞く学生

 地元企業の魅力を伝え、県内での就職を促す「県内企業と大学生の交流会~ぐんま若者シゴトーク~」が4日、玉村町の県立女子大で開かれた。リクルートスーツに身を包んだ学生約100人が、県内企業16社の担当者から業務内容や福利厚生について聞いた。
 各企業は自己紹介した後、ブースに分かれて業界のトレンドや自社の特徴、募集職種などを説明した。採用担当者が「社員を大切にすることを企業理念に書き込んでいる」「休みが多いのが特徴」などとアピールした。
 同大3年の福地美友さん(21)=高崎市=は「製品を持って来て説明してもらえたので、分かりやすかった」と話した。
 シゴトークは同大と上毛新聞社が主催し、県が協力した。次回は18日に群馬大荒牧キャンパス(前橋市)で開かれる。 ぐんま愛ここに生きる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
関連記事