群馬経済研アンケート 冬ボーナス3.1%増 県内企業 卸売・小売けん引
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 群馬経済研究所(前橋市)が6日発表した冬季ボーナスのアンケート結果によると、県内に事業所のある企業の平均支給見込み額は前年同期比3・1%増の49万3400円だった。支給カ月数は0・02ポイント増の1・88カ月となる見通し。
 回答企業のうち「支給する」が65%、「支給するが金額未定」が16%だった。「支給しない」は13%、「未定」は6%。
 業種別の支給見込み額は、製造業が0・3%減の47万8900円、非製造業が5・6%増の50万円だった。非製造業では卸売業や小売業を中心に増加率が高いという。
 支給時期は12月の1~10日が38・0%、11~20日が41・4%、21~31日が16・5%などだった。  調査は11月に県内に事業所がある1910社に郵送でアンケートを送り、400社(回答率20・9%)が回答した。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事