前橋活性化向け協定 まちなかエージェンシー しののめ信金
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
協定締結後に握手を交わす(左から)横山理事長、橋本代表理事

 しののめ信用金庫(富岡市富岡、横山慶一理事長)と一般社団法人前橋まちなかエージェンシー(前橋市千代田町、橋本薫代表理事)は17日、市街地を中心とした地域経済の活性化に向けて包括連携協定を結んだ。
 協定書には創業支援や企業誘致、移住促進といった経済活性化への寄与が期待される取り組みでの協力を明記した。具体的な内容は今後協議する。
 同日に高崎市の同信金高崎本部ビルで開いた締結式で、横山理事長は「手を取り合い持続性のある取り組みをしたい」と述べた。橋本代表理事は「まちづくりの実行力は民間が担うべきだ。協定で推進力が持てる」と話した。
 同信金は同様の包括連携協定を市町村などと結んでいる。同法人が包括連携協定を結ぶのは初めて。
 同信金は、前橋市と市内の企業経営者が策定したまちづくりビジョンの具現化に向け、同法人などが開催するイベント「前橋めぶくフェス」に協賛している。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
関連記事