育成型採用が重要 企業担当者にセミナー 前橋
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
尾崎氏(右)から採用戦略について学ぶ出席者

 企業の採用担当者を対象とした「採用活動サポートセミナー」が19日、前橋市の上毛新聞社で開かれた。就職支援事業などを展開するソーシャルデザイニング研究所(東京都)の尾崎孝之氏が「効果的な選考設計の作り方」をテーマに講義。参加した24社30人が採用市場の動向や採用戦略について学んだ。
 尾崎氏は首都圏で採用活動のスケジュールが早期化している現状を示し、来年は東京五輪・パラリンピックの開催よりも前に採用活動を終わらせようと早期化に拍車が掛かる見通しを示した。
 売り手市場での採用戦略については「マナーが良くない、面接パフォーマンスが良くない学生でも、可能性を見いだす育成型採用が重要」と指摘した。
 セミナーは上毛新聞社が実施する「ぐんま就活ジャンプス2021」の一環で、採用担当者向けは2回目。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
関連記事