《ぐんま就活ジャンプス 2021》53社が事業、魅力PR 前橋で企業研究フェア
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
学生に自社の事業内容を説明する採用担当者

 2021年春卒業予定の学生を対象にした「ぐんまインターンシップ・企業研究フェア」が5日、前橋市のヤマダグリーンドーム前橋で開かれた。県内に拠点を置く企業53社のブースが並び、大勢の学生が各業界の動向や各社の強み、インターンシップ(就業体験)の内容といった情報を収集した。  各企業は事業内容を分かりやすく説明したポスターや社員のコメントをブースに貼り、自社の特徴をPR。採用担当者がプロジェクターやパソコンなどを使ってインターンシップの日程や内容を紹介し、福利厚生や研修といった制度についても説明した。
 冒頭のセミナーでは、ソーシャルデザイニング研究所(東京)の椎名勇太さんが「いろいろな会社の生でリアルで貴重な情報を手に入れるチャンス。多くの会社を回って自分に合った企業を見つけて」と呼び掛けた。
 上毛新聞社が主催する「ぐんま就活ジャンプス2021」の一環。次回は19日午後1時から前橋市の同社で就活に必要な知識を学生や保護者が学ぶ「ぐんま就活ゼミ」を開く。
 問い合わせは事務局(☎027・254・0099)へ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
関連記事