《ぐんま就活ジャンプス 2021》面接・GDの秘訣を体験 上毛新聞社で就活ゼミ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
グループディスカッションを体験する学生

 2021年春卒業予定の学生とその保護者が就職活動について学ぶ「第3回ぐんま就活ゼミ」が19日、前橋市の上毛新聞社で開かれた。約60人が面接で気を付けるべきポイントを確認し、企業の情報を集めた。
 キャリアコンサルタントの飛鳥井郁枝さんが「内定直結!面接・グループディスカッション(GD)の秘訣(ひけつ)」と題して講演。印象の良いあいさつや座り方、受け答えを紹介した。「GDは勝ち負けではない。他の人の意見を受けて、それを発展させる姿勢が大切」と強調した。
 参加者同士で模擬面接やGDを実践。群馬大教育学部3年の佐藤日彦さん(22)は「初対面の人と議論するのは初めて。経験できて良かった。自己分析を見直して就活に臨みたい」と話していた。
 県内に本社や拠点を置く22社の採用担当者が業務内容やアピールポイントを説明。学生は企業ブースを回り、説明に耳を傾けた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
関連記事