創業4人が自社PR 太田でビジネスプレス発表会
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
販路拡大について意見交換する参加者

 太田市内の事業者が報道関係者に業務内容をPRする第21回ビジネスプレス発表会(太田商工会議所主催)が6日、同会議所で開かれた。新規事業を始めて間もない経営者4人が自社の取り組みや強みを紹介した。
 学習塾の「Study Room(スタディールーム)」は、人工知能(AI)などを活用した高校生の指導法を発表し、動画製作の「カナヤビジネスソリューションズ」はアニメによる企業PRプランをアピールした。
 スポーツ用品店「キック・オフ」は個人に合わせた靴の中敷きの製作事業を紹介。健康サロン「アロマイル」は香りの好みから健康状態を分析するサービスを売り込んだ。
 発表後は個別ブースを設け、販路拡大について参加者と意見を交わした。
 おおたコミュニティ放送の遠藤建城さんは「きらりと光る新事業があった。知名度を高めるための手伝いをしていきたい」と感想を述べた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
関連記事