障害者雇用へ作業視察 高等特別支援学校 伊勢崎
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
伊勢崎市の伊勢崎高等特別支援学校で開かれた、企業向けの学校見学会

 障害者の雇用につなげてもらおうと、企業向けの学校見学会が12日、伊勢崎市の伊勢崎高等特別支援学校で開かれた。医療や製造、飲食業など幅広い業種の事業所の担当者14人が校内を視察し、事例紹介に耳を傾けた=写真。
 同校産業科の生徒が木工や裁縫、野菜の袋詰めに取り組む様子を見学した。介護事業を手掛ける「介護NEXT」(同市)の長崎浩一人材開発マネージャーは「技能もコミュニケーションもしっかりしていた」と話した。
 事例紹介では障害者の採用実績のある企業がメリットなどを説明したほか、情報交換やグループ討議も行われた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
関連記事