8人が事業内容や狙い 前橋で創業プラン発表会
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
自社の取り組みについて説明する土井理事長

 県内で開かれている創業塾などの参加者らを集めた「創業プラン発表会」(県主催)が17日、前橋市の県立群馬産業技術センターで開かれた。創業5年以内の事業主や起業予定者の計8人が事業内容や狙いを紹介した。
 在宅勤務の普及を目指すNPO法人「Halekura(ハレクラ)」(高崎市)の土井小百合理事長は、育児中の親向けポータルサイト「まままち」を紹介。子育て世代への情報発信を希望する県内企業から資金を募り、母親が在宅でサイト運営に携わる仕組みを説明し「受け手と同じ目線で医療やイベントなどの有益な情報を発信できる」と話した。
 要介護者向けの訪問理容や、電子書籍の自費出版といった発表もあった。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
関連記事