苦境の事業者に助言 県が館林で出張相談会
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 新型コロナウイルスの感染拡大で影響を受ける事業者を支援しようと、県は17日、館林市の館林商工会議所で出張相談会を開いた。15社が訪れて資金繰りや雇用などについて助言を受けた。
 日本政策金融公庫の職員や社会保険労務士らが対応した。市内で飲食店を営む、飯島伸二さん(52)は「4月に入って急激に売り上げが落ちてしまい相談した。自分では思い付かない案を出してもらい、大変ありがたかった」と話した。
 消毒や検温などの感染対策を実施した上で開催。相談会は県内各地で開くという。問い合わせは県産業政策課内の感染症対策県内企業ワンストップセンター(☎027・226・2731)へ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
関連記事