東和銀と県内3大学 起業家養成へ連続講座
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 東和銀行(前橋市本町、江原洋頭取)と群馬、前橋工科、共愛学園前橋国際の3大学による起業家養成講座「創業スクール」が開講した。2月まで全5回の日程で大学教員や自治体職員らによる講義があり、起業に必要な基礎知識を身に付けてもらうとともに、ビジネスプランの作成を支援する。
 初回は同市の前橋テルサで、県よろず支援拠点コーディネーターの木島隆さんが経営戦略の練り方を紹介した。「千円カット」を例に付加価値の大切さを説明し、「シャンプーをやめる代わりに10分で仕上げることを付加価値とした。余分なサービスを省くなどあえて目をつぶることも大切」と指摘した。オンラインを含め大学生や社会人ら32人が参加した。
 スクールは2017年に始まり、4回目。次回は4日午後6時半から前橋テルサで群馬大大学院の板橋英之教授らが講義する。参加希望者は同行お客様応援室(☎027・230・1705)へ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
関連記事