県、先着20人対象 氷河期世代 就職後押し サイバーセキュリティー研修
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 就職氷河期世代の就職を後押ししようと、県はサイバーセキュリティー研修を開く。オンラインと実技を交えた3日間の講座で、15日まで参加を受け付けている。
 セキュリティー事業を手掛けるデジタルハーツ(東京都新宿区)の社員が講師を務める。eスポーツの技術がサイバーセキュリティーに活用できることから、1日目にはeスポーツのプロプレーヤーによる講演がある。2、3日目は群馬産業技術センター(前橋市)での実技講座を予定する。新型コロナウイルスの感染状況によって全日程をオンライン開催に変更する。
 県eスポーツ・新コンテンツ創出課は「ゲームで培った技術を仕事に生かせる。ぜひ挑戦してほしい」と呼び掛けている。
 日程は20、28日、3月14日の3日間で、いずれも午後1~5時。おおむね34~49歳の就労希望者が対象で先着20人。参加無料。インターネットに接続したパソコンを持っていることを前提とする。申し込みはぐんま電子申請受付システム=QRコード=から。問い合わせはデジタルハーツ(☎0570・098・098)へ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事