スーパー特化の説明会 ハローワーク前橋 4社参加 19、24日にも
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 新型コロナウイルスの影響で高まる巣ごもり需要に対応できる働き手を確保しようと、ハローワーク前橋(生方保光所長)は18日、前橋市の同所で、スーパーマーケットに特化した企業説明会を開いた。24日まで3日間開き、市内に店舗がある計4社が参加する。
 18日はフレッセイ(同市)の担当者が各店舗の部門分けや研修制度などを紹介した。参加者からは「嘱託とパートでは業務がどう違うのか」「男性のパートはいるか」などの質問があった。
 巣ごもり需要の高まりでスーパーは働き手を求めており、説明会では計160人分の求人があるという。1月に市内のスーパーが2店閉店したこともあり、マッチングにつなげようと企画した。
 19日にベイシア(同市)とツルヤ(長野県)、24日にとりせん(館林市)が、それぞれ2回説明する。1回の定員は9人で当日参加も可能。問い合わせはハローワーク前橋求人部門(☎027・290・2111・内線31♯)へ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
関連記事