起業や経営支援定住促進で協定 市と県信組 安中
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 地方創生推進などに向けて連携強化を図ろうと、安中市と県信用組合(同市原市、新野正行理事長)は25日、包括連携協定を締結した=写真。起業・創業や経営支援、移住・定住促進など地域の課題について、相互のネットワークや情報を活用して解決していく。
 市役所で同日、締結式が行われ、茂木英子安中市長と新野理事長が連携項目を確認し、協定書に調印した。
 茂木市長は「それぞれの得意分野を生かしてよりよい市にしたい」とあいさつ。新野理事長は「少子高齢化や事業所減少は全国的に進んでいる。協定を通じ、地域に貢献したい」と話していた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
関連記事