地元に残って働こう 高2生対象に企業説明会 沼田

 卒業後に就職を希望する高校2年生を対象にした企業ガイダンス(沼田市など主催)が、市内のホテルで開かれた。利根沼田地域の17事業所がブースを出展し、140人の生徒が地元就職への意識を高めた。

 地元への就職を促進し、地域に定住してもらいたいと企画された。ハローワーク沼田が声を掛け、高校生の採用に積極的な製造業や流通業、宿泊業、医療福祉系など幅広いジャンルの事業所が参加した。ブースごとに業務内容が紹介されると、生徒たちは熱心にメモを取りながら聞き入っていた=写真。

 五つのブースで説明を受けた利根実業高の岡村葵さん(17)は「地元に残って働きたい会社があった」と目を輝かせていた。

関連記事
特集・連載 > ぐんま愛 職と起業の記事