移住者と住民 交流事例語る Uターンの岩沢さん 藤岡
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
奥出雲町での体験を語る岩沢さん

 本県の魅力を発信する県外出身女性らでつくる「ガールズ天下プロジェクト」と藤岡市の農園「上州百姓米達磨」は28日、同市中心街の「会遊亭」で、多業種交流会を開いた。農家や経営者、行政関係者ら15人がまちづくりの事例報告に耳を傾けた。

 20年間暮らした島根県奥出雲町から藤岡市に昨年、Uターンした岩沢彩子さんが講演。過疎化が進む同町で、行政に頼らず、住民で設立したコミュニティースペース「みんなの場所 まつ」について語った。

 そこでは美術のワークショップや食事会などさまざまなイベントが開かれ、住民が交流。移住者が友人をつくったり、高校生が地域とのつながりを深めたりしたと伝えた。

 岩沢さんは「交流の場ができたことで、『いろいろやりたい』という意欲がみんなに生まれた。私にとってはまつでの会話は生きる力、エネルギーになった」と振り返った。

 参加者は意見交換して交流を深めた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
関連記事