館林市 コロナ離職者雇用に奨励金
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 新型コロナウイルス感染拡大の影響で離職や廃業を余儀なくされた館林市民の就労を支援するため、市は29日、正規・非正規を問わず6カ月以上継続して対象者を雇用した市内事業者に対し、1事業者当たり40万円の奨励金を交付すると発表した。
 1年以上継続的に仕事をしていて、4月以降に離職または廃業した市民が対象となる。事業者は、期限を定めない雇用か1年以上の有期雇用契約を結んだ上で継続して雇うことを条件とする。就労時間が週20時間を超えれば、パート、アルバイトなど非正規の雇用形態も対象となる。
 事業費は1200万円で、コロナ対策関連の国の臨時交付金を活用する。市議会6月定例会で、雇用安定対策事業として盛り込んだ本年度一般会計補正予算案が可決されている。  申請期間は2日~10月25日。問い合わせは市商工課(☎0276・47・5148)へ。
(御山まゆみ)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
関連記事