《ぐんま就活ジャンプス 2023》企業と大学 情報交換 高崎で23年卒業生向けに
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

主に2023年卒業予定者の就職活動に向けた大学と企業の担当者の情報交換会が22日、高崎市のGメッセ群馬で開かれ、計119社の採用担当者と56大学の就職支援担当者が意見交換した。
 県主催の「大学と企業の交流会」(59社)、上毛新聞社主催の「就職情報交換会」(60社)を同会場で時間をずらして実施した。企業と大学が交互に訪問し合う形式とした。
 初めて参加したヨコハマタイヤジャパン関東甲信営業本部(さいたま市)の町田浩一・担当課長は「卸売業で知名度が低く、自動車離れも響く。大学との連携を深め、優秀な人材を採用できれば」と話した。東京経済大(東京都国分寺市)キャリアセンターの島田奈乃さんは「コロナ禍で群馬出身の学生のUターン希望が増えている。有益な情報を持ち帰って学生と共有したい」と期待した。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
関連記事