“女子会”で起業後押し 前橋

 ビジネスの場での女性の活躍を支援する「第1回まえばし女子会(ま女会)」が21日、前橋市創業センターで開かれ、起業を目指す女性や女性経営者32人が基礎知識を学んだ。

 市内の起業経験者によるトークショーで、コーチング業を営む鈴木結子さん、画家で1歳8カ月の息子がいる中林可宝さん、フリーアナウンサーでカフェを経営する青柳美保さんが経営の魅力や苦労を語った。

 起業する際に必要なこととして、鈴木さんは「お金の準備や起業の仕方を学ぶのはもちろんだが、夫や子どもなど家族の賛同を得ることが大事」と強調した。

 税理士の田子宏美さんによる資金調達法や運用の基礎知識の説明のほか、プロのメークテクニックや、中林さんによるボディーペインティングなども披露された。

 起業を目指す女性が学びながら一緒に成長できるサークル的な活動を起こそうと、前橋起業支援センターが初めて開催。定期開催を検討しており、2回目は7月上旬を予定している。

関連記事
特集・連載 > ぐんま愛 職と起業の記事