地元で働こう 渋川で高校生向け 就職ガイダンス

 渋川市周辺地域で働いてもらおうと、就職を控える高校生を対象とした企業ガイダンス(同市など主催)が14日、市民会館で開かれた。市内の高校を中心に生徒約130人が、幅広い業界や企業の取り組みに理解を深めた。

 渋川、吉岡、榛東の3市町村内で建設やサービス、福祉事業などを展開する29社が参加。生徒は興味のある企業ブースを回り、事業内容や福利厚生、やりがいについて採用担当者から説明を受けた。職場の雰囲気や選考に向けた準備などを質問し、進路選択に役立てようとしていた。

 渋川青翠高3年の中野雄太さんは「まだ就職したい業界を決めていないので、いろいろなブースを見て関心の幅を広げることができた」と話した。

関連記事
特集・連載 > ぐんま愛 職と起業の記事