仕事、子育て 両立に安心 前橋 自動車販売店で大学校生
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
保育所の遊具の説明を受ける生徒

 群馬自動車大学校(伊勢崎市赤堀今井町、小倉基裕学校長)の女子生徒8人が20日、前橋市の自動車販売店に併設された保育所を訪れ、仕事と子育ての両立を図る現場を見学した。

 訪れたのは群馬日産前橋総社店の「まいにちほいくえん」。生徒は、子どもを預けながら勤務しているパート女性についての話をはじめ、育児休暇や子育てをサポートする同社の制度の説明を受けた。

 2級自動車整備科の武井ほのかさん(20)は「これまで育児休暇など考えたことがなかった。将来のことを考えると安心できる」と話した。

 就職活動の中で、仕事と子育ての両立に対し、女子生徒の関心が高いため同校が初めて実施した。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
関連記事