高校生活、仕事 体験談を紹介 新田暁高で卒業生 太田

 進路選択に役立ててもらおうと、新田暁高(都丸栄一校長)は22、26日の両日、太田市の同校で卒業生による講話を開いた。1年生160人が先輩たちの体験談に真剣に聴き入った。

 2012年度から15年度までの卒業生で、自動車メーカーや特別養護老人ホーム、小売業などで働く13人が話した=写真。高校生活で学んだこと、仕事で苦労したことを紹介し、「後悔しないよう、自分のやりたいことを見つけて」「社会人になったら責任感を持つことが大切」と助言した。

関連記事
特集・連載 > ぐんま愛 職と起業の記事