合同説明会に180社 就活生へ魅力PR きょうまで前橋

 県中小企業団体中央会主催の合同企業説明会が7日、前橋市のヤマダグリーンドーム前橋で始まった。2日間で県内の約180社が参加。初日は88社が各ブースで事業概要を説明し、学生らが真剣な表情で話を聞いた。

 各企業は製品を展示したり、若手社員が働きがいを説明したりして自社の魅力をPRした。

 県立女子大4年の綿貫友美さん(22)は既に内定を 得ているが、開始時間前から 来場してブースを回った。「内定企業は とても魅力的だが、納得して 就活をやりきるためにも 多くの企業について知りたい」と話した。

 同会は「留学生受け入れ可能企業が昨年より増えた。県内企業もグローバル対応に力を入れているようだ」と話している。

 8日は初日と企業を全て入れ替え、90社が参加する予定。午後1時~同4時。問い合わせは同会(☎027・232・4123)へ。

関連記事
特集・連載 > ぐんま愛 職と起業の記事