障害者向け保険 起業の苦労話 伊勢崎
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
起業の経緯を語る榎本さん

 共生社会推進のための学習会「人塾」(NPO法人日本福祉教育研究所主催)が、伊勢崎市の絣(かすり)の郷で開かれた。障害者のための保険を提供する「ぜんち共済」(東京都)社長の榎本重秋さんが講演した。
 日本初となる知的障害者、発達障害者のための保険会社を立ち上げた榎本さんが、起業のきっかけと困難をどう乗り越えたかを語った。
 講演後、参加者は障害者の就労や人生設計について発言し合って交流を深めた。綿貫映雄(てるお)さん(44)=渋川市=は「縁を大切にする姿勢に感銘を受けた」と話していた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事