創業導くスクール 東和銀と前橋3大学
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
創業の心構えについて学ぶ参加者

 東和銀行(前橋市本町、吉永国光頭取)と市内3大学は22日、同市創業センターで、産官学金連携による創業スクールを開講した。起業を目指す学生や社会人ら27人が参加。来月までの全5回で、創業の手順や販路開拓などを学ぶ。

 同スクールは昨年、同行と群馬大が初めて開いた。今年は前橋工科大と共愛学園前橋国際大が加わり、経済産業省認定の事業として開催する。

 開講あいさつで群馬大の窪田健二副学長は「学んだ知識を基盤にして創業までつないでほしい」と激励した。初回から講義が始まり、県よろず支援拠点の朝岡伸江コーディネーターが「創業の心構えとビジネスモデル」をテーマにビジネスにつながる考え方を説明した。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
関連記事