地域活性化 学生が妙案 高崎
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
地域活性化 学生が妙案 高崎

 地域を活気づけるアイデアを募る「第17回ビジネスアイデアコンテスト」(高崎商科大主催)が8日、高崎市の同大で開かれた。県内の大学生ら7組26人が参加し、ユニークな地域活性化策を提案した=写真。

 最高賞の学長賞には、同大聴講生、小林一喜さん(62)の「高齢者・障がい者とその家族が気軽に外食を楽しめる環境づくり」が選ばれた。

 参加者はそれぞれ10分間で事業内容や収支計画などを説明した。留学生が中心となって運営する民泊事業や、小規模事業者向けの経営アドバイス事業なども発表された。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
関連記事