ジュニア俳壇
選者の紹介
鈴木伸一(すずき・しんいち)
1957年、群馬県前橋市生まれ。
国学院大学文学部卒。20歳から俳句を始める。
85年に俳句総合誌「俳壇」主催の「俳壇正賞」受賞。
国際俳句誌「吟遊」同人、日本現代詩歌文学館評議員。
句集『桃夭(とうよう)』、編著『秀句350選28・地』、共著『現代俳句の新鋭1』など。
また、群馬県内の多くの小・中・高校で俳句授業や講演を行っている。
佐藤清美(さとう・きよみ)
1968年、安中市生まれ。群馬女子短期大学(現高崎健康福祉大)国文学科卒。
「俳句空間」に21歳で投稿を始める。
2001年に俳句誌「鬣TATEGAMI」を林桂氏らと創刊、
同同人。現代俳句協会会員。
2006年から県高校生文学賞俳句部門審査員。
句集に「空の海」「月磨きの少年」。