揺らめく いのち

 人口減少が加速する一方で、「いのち」の重みをあらためて考えさせられる現象が起きています。

 晩婚化などで不妊症に悩む人は増え、治療する医療機関に患者が集中。子どもの疾患を出生前に調べるさまざまな手法も広がっています。

 現代社会における「いのち」のありようや、その背景を追います。

 メール(inochi@raijin.com)でご意見やご感想、体験などをお寄せください。秘密は厳守します。

第2部_不妊の助けに
第1部_不妊を生きて
関連記事

}