2019/02/15【三山春秋】市民参加型のミュージカル「ぼんや…
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ▼市民参加型のミュージカル「ぼんやしろしろ」の公演が3月16、17日に渋川市で行われる。本番まで1カ月。演技や歌の稽古はもちろん、大道具製作などが急ピッチで進んでいる

 ▼主催は市民有志でつくる「渋川子ども若者未来創造プロジェクト」。公募した出演者と裏方、ボランティアに、プロジェクトに協力するプロのミュージカル劇団員らを加えた約70人が参加する

 ▼都内で暮らすOLが帰省すると、子どもの頃よく遊んだ社が取り壊されることになっていた―。その現実を機に古里の温かさや、便利さと引き換えに失うものへの思いなどを描く

 ▼ミュージカルは市の提案型市民協働事業に採用された。「いろいろな人が参加できるため」と事務局の飯塚欣彦さん。演じるだけでなく、作品作りや裏方、ボランティアなど、さまざまな形で関わっている

 ▼出演者は月1回のワークショップと自主稽古で本番に備える。ボランティアはワークショップ講師も務める劇団員や参加者の食事を用意し、宿泊場所の提供や大道具製作などを支援する。70人の共同作業の中から新たな交流やつながりが生まれているという

 ▼脚本も演出もすべてオリジナルの作品。どんな舞台になるのか楽しみだが、その過程で育まれた交流やつながりが、これからの渋川をどう変えていくのだろう。そちらもまた楽しみだ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事