2019/04/03【三山春秋】1日に社会人になった…
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ▼1日に社会人になった知り合いに会った。話を聞くと、会社までの道のりを入社前に何度か車で行ってみたという。首都圏での学生生活だったからペーパードライバーで、不安を解消したかったかららしい

 ▼駐車場でなかなかうまく車を操れない学生を誘導する職員の姿を見かけたのも今の時季だった。初心運転者標識を付けた車を目にする機会が増えた感じがするのは気のせいか

 ▼県警のホームページに心配なデータがあった。「群馬県の教習所を卒業して普通免許を取得した方がその後1年以内(初心運転者期間中)に人身交通事故を起こした割合(事故者率)」だ

 ▼2016年中の初心運転者事故者率は1.90。全国平均の0.89を2倍超上回り、全国ワーストになっている。事故者率はこのところ年々下がっているものの、全国ワースト1位か2位というありがたくない状況が続く

 ▼春は初心運転者に限らず、移動手段として新たに車を使う人が増える。高校生に目を転じれば、自転車通学を始めたり、自転車での通学ルートや距離が大きく変わったりする子も多いだろう

 ▼慣れない職場や学校での緊張に加え、移動もストレスに違いない。慎重に、安全第一で新生活をスタートしてほしい。仕事歴や運転歴が長くなった人たちには、慣れと過信は禁物と自戒を込めて付け加えておきたい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事