2019/05/08【三山春秋】仕事柄、新聞記事を切り抜き…
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ▼仕事柄、新聞記事を切り抜き、貼り付けるスクラップをしているのだが、ついつい作業が滞りがちになる。1カ月、2カ月と新聞がたまってしまうことも少なくない。ゴールデンウイークに思い立ってカッターとのりを手に取った

 ▼今年は天皇の代替わりに伴い初の10連休。新天皇即位に対する祝賀ムードと、行楽地のにぎわいを伝えるニュースがあふれる中、作業の意欲は上がらないながらも、ほんの少し前の記事を見返す機会となった

 ▼4月は統一地方選があった。県議選の選挙公報も新聞に挟まれていた。公約や決意が並ぶ。当落はともかく、公約を忘れることなく、政治に携わってほしいし、投票した側としては公約の行方をしっかり見守りたい

 ▼国政に目を転じれば、国土交通副大臣や五輪相の更迭があったのが4月だった。道路整備を巡り「忖度(そんたく)」に言及したり、自民党衆院議員のパーティーで議員を「復興以上に大事」と述べたりしたことが理由だ

 ▼長い休みでリフレッシュを済ませ、7日に仕事や学校が再開となった人も多いだろう。改元も重なり、世間は心機一転、再スタートの気分が高まっているようにみえる

 ▼筆者はといえば、頑張ってスクラップをしたのだが、積み残してしまった新聞がまだある。残念ながら、平成の日付の新聞も多い。なかなかリセットとはいかない。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事