2019/06/13【三山春秋】先週から自宅近くの田んぼで一斉に...
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ▼先週から自宅近くの田んぼで一斉に田植えが始まった。水を張った田で早苗が風にそよぐさまはすがすがしい。気温の上昇を抑える働きがある水田は天然のクーラーとも称され、減っていくのが残念だ

 ▼夜になると聞こえてくるのがカエルの大合唱である。これだけのカエルがどこに潜んでいたのだろうと思うほどのにぎやかさ。同じ頃に梅雨入りし、声にも一層張りがあるように感じる

 ▼雨の日が多くなり、傘を新調しようとショッピングモールをのぞいてみた。水をはじいたり、風に強かったりと、高機能な傘が並ぶなか、目を引いたのが男性用日傘だった。店側もポップ広告を掲げて売り込んでいる

 ▼環境省は、男性対象の実験で、日傘を使うと帽子をかぶるよりも汗の量が17%減ったことを公表し、効果を訴える。日本百貨店協会や日本洋傘振興協議会などと連携し、日傘による暑さ対策を呼び掛ける

 ▼ただ、実際に男性が使うとなると、「気恥ずかしい」「男のくせにと思われないか」などとためらいがある。埼玉県では県職員が「日傘男子広め隊」を結成し、率先して日傘を使って抵抗感を和らげている

 ▼売り場では迷った末に晴雨兼用傘を購入した。今はもっぱら雨傘として使っているが、晴れて暑くなれば「日傘デビュー」しようと思う。とはいえ、昨年のような猛暑はごめん被る。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事