2019/08/08【三山春秋】早朝のランニングで爽やかに一日が…
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ▼早朝のランニングで爽やかに一日が始まるはずが、このところ朝から気温が25度を上回り、走り終えると全身汗だくになる。体が重くペースは上がらない。冷たいシャワーを浴びて、ようやく生気を取り戻す

 ▼連日の猛暑である。県内で4日までの1週間に熱中症で救急搬送された人は、前の週の4倍近い404人に上った。つい2週間前、梅雨が長引いて日照不足に悩まされていたことが遠く感じられる

 ▼来年の今ごろは東京五輪の真っ最中だ。気がかりなのは、やはり暑さへの対処だろう。熱中症を防ぐには、小まめに水分を補給し、日中は外出を控えて涼しい場所で過ごすことだが、そうも言っていられない。対策に知恵を絞りたい

 ▼甲子園では高校球児が熱戦を繰り広げている。群馬代表の前橋育英はきょうの第3試合で西東京代表の国学院久我山と対戦する。試合開始は午後1時の予定だが、選手は体調を整えてはつらつとしたプレーを見せてほしい

 ▼立秋を迎え、暦の上では秋である。この日を境に暑中見舞いは残暑見舞いに変わる。暑さが極まるなか、秋の気配が感じられる時季とされる

 ▼前橋の日の入りは最も遅かった6月末ごろより20分余り早くなった。風の音や雲の形、虫の鳴き声など秋の気配に触れる機会も増えそうだ。とはいえ、まだまだ暑い日が続く。警戒は怠りなく。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事