2020/01/13【三山春秋】この連休、わが家は遅ればせながら...
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ▼この連休、わが家は遅ればせながら餅つきをした。年末に忙しかったわけではない。家に伝わるしきたりで、正月用の餅はつかないことになっているからだ。餅つきは小正月前と決まっている

 ▼親から聞かされた話では、かつて正月用に餅をついたら血で赤く染まったのが由来という。こうした「餅なし正月」の習わしが結構残っていることを民俗学研究者の都丸十九一さん(故人)から教示された

 ▼都丸家にも正月に餅を食べない家例があり、それを出発点に研究を広げた。論考は没後出版された『餅なし正月の世界』に収録されている。正直、迷信めいた家例だと思っていたが、都丸さんと話せたことで、継承していこうという気になった

 ▼さて、今日は「成人の日」である。大人になったことを自覚し、自ら生き抜こうとする青年を祝い励ます日として、戦後間もなく祝日に制定された。当初は1月15日だった

 ▼現在の「1月第2月曜」になったのは連休を増やすハッピーマンデー制度が導入された2000年。当時生まれた子が今年の新成人であり、この制度も満20歳を迎えたことになる

 ▼県内のほとんどの市町村は昨日、成人式だった。今日の紙面は新成人の笑顔であふれる。新年早々物騒な世界情勢だが、新成人には粘り強く令和時代を切り開いてほしい。つきたての餅を見て願った。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事