2020/02/12【三山春秋】スマートフォンが手放せない...
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ▼スマートフォンが手放せない。家にいる時もポケットに入れたまま。トイレはもちろんのこと、入浴の際も脱衣所まで持っていく。寝る時も枕元に置いておくから、肌身離さずといった感じだ

 ▼「いつでもすぐに連絡が取れるように」という記者の職業柄かといえば、そうではない。かといって、ゲームやSNSに夢中になっているわけでもない。手放せないのは、万歩計の機能があるから

 ▼健康診断の数値が悪化し、原因の一つを運動不足と自己分析。せめて歩くことからと考えた。アプリで〈健康を維持したい人に〉と推奨されている1日1万歩を目標にした

 ▼仕事から帰ると、あとわずかで目標達成という日が続き、少しでも歩数を稼ごうと、家でも持ち歩くようになった。すっかり習慣になり、健康維持よりも目標達成が目的化している

 ▼いろいろ調べると、適した運動は軽く汗ばむ程度、軽く息が弾む程度などとされていて、歩くだけでは効果は薄いようだ。医師から指導されたのは運動ではなく、本当は節酒なのだが、せめて速足にしたり、腕を大きく振ったりしてみようと思う

 ▼本年度の全国体力テストを見ると、本県の小中学生の運動時間が減少した。スポーツ庁が要因に挙げるのがスマホの普及。筆者の「スマホ依存」と同様に、一人一人考えた方が良いのかもしれない。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事