2020/04/01【三山春秋】設定は自動車修理工場。社長のほか...
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ▼設定は自動車修理工場。社長のほか、4人の従業員が働く。とはいえ業績はさっぱり。「おっす!」と社長が出てくるのだが、従業員は見当たらない。皆、居眠り中だ。そこから次々とギャグが連発する

 ▼ザ・ドリフターズのコントの一つだ。多くの笑いを取っていたのが志村けんさんだった。新型コロナウイルスによる肺炎のため亡くなったと伝わった30日、テレビ番組「8時だヨ!全員集合」の傑作をまとめたDVDを見返した

 ▼冒頭のコントの収録は1978年5月、太田市民会館だった。出身地の「東村山音頭」をコミカルにアレンジしたギャグの「イッチョメ(一丁目)、イッチョメ、ワーオ!」も飛び出し、子どもたちの笑い声が響き渡っていた

 ▼収録会場にいた小学生も今や40代後半から50代。訃報が社内で流れた時、世代を超えて驚きと落胆の声が上がった。「ヒゲダンス」「アイーン」など思い出す姿は異なるだろうが、長きにわたって一線で活躍してきた証しだ

 ▼所属事務所が新型コロナウイルスの感染を発表したのが25日。享年70。あまりにも急な逝去に改めて病気の怖さを知った

 ▼ドリフメンバーの加藤茶さんは「コロナが憎いです」とコメントしている。いっそう予防意識を高めたい。気の緩み、無関心は禁物。終息してから「だいじょうぶだぁ」と思い切り笑いたい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事