2020/04/07【三山春秋】新型コロナウイルスの感染拡大を受け...
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ▼新型コロナウイルスの感染拡大を受け、安倍晋三首相がきょうにも緊急事態宣言を出す。感染が全国的かつ急速にまん延し、国民生活に甚大な被害を及ぼす段階に入ったと判断した

 ▼対象地域の知事は「不要不急の外出の自粛要請」「学校や映画館などの使用停止や制限の要請・指示」など私権制限を伴う措置が可能になる。対象は東京、神奈川、埼玉、千葉、大阪、兵庫、福岡の7都府県

 ▼本県では県立学校の再開が1カ月先送りされる一方、多くの市町村の小中学校がきょう再開した。対応が分かれた背景にはリスクの捉え方に違いがあるのだろう

 ▼厳格なリスク管理を打ち出す県だが、PCR検査を5日に実施しなかったことが判明。相談を一元的に受け付けるコールセンターが、夜間と土日に保健所へ電話を転送しなかったのが原因という

 ▼県民に不安を抱かせないためにも、検査体制の強化は必要だ。感染者情報の公表で勤務先などプライバシーに関わる事項が伏せられることがあるが、状況によっては公表範囲を広げることも検討すべきではないか

 ▼本県の6日時点の感染者は9市町の26人(うち1人死亡)。東京や大阪などとは状況が異なり、緊急事態宣言を“対岸の火事”と感じる人がいるかもしれないが、自分や家族の身を守り、社会を維持するためにも危機意識を高めたい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事