2020/05/14【三山春秋】新緑の伊香保温泉石段街はひっそり...
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ▼新緑の伊香保温泉石段街はひっそりとしていた。季節を問わずさまざまなシーンを取材してきたが、初めて見る光景だ。過ごしやすく本来なら散策に絶好の時季だけに、余計に落差が大きい

 ▼大型連休期間中の休業要請が終了した後も、宿泊施設の多くで営業再開には至っていない。草津温泉の象徴である湯畑も人影はまばら。県内温泉地を代表する2大スポットのかつてない表情に、あらためて深刻さを実感する

 ▼ピークを迎えている企業の決算発表も異例の状況だ。新型コロナウイルスの影響が見通せず、業績予想を開示しない企業が相次ぐ。群馬県を代表する流通大手で、好業績となったヤマダ電機やワークマンも今期予想の公表は見送った。先行き不透明感は根強い

 ▼ただ新たな動きも出てきた。政府は群馬県などのほか、一部の「特定警戒都道府県」も含め、緊急事態宣言を解除する方針を固めた。専門家の意見を踏まえ、きょう14日に決定する

 ▼油断は禁物だが、休業期間を延ばし続けるのも厳しい。マスク着用や人と人の距離確保などの「新しい生活様式」を意識しながら、一方で生活の糧を確保していかなければならない

 ▼近所のお店にも徐々にだが客足が戻ってくるだろう。「出口」に見える光はまだはっきりしたものではないが、明るさを絶やさないためにもうひと踏ん張りだ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事