2020/07/31【三山春秋】人間はどのくらい寝ないで...
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ▼人間はどのくらい寝ないでいられるか。あるいは、どのくらい寝続けられるのか。30年以上前、中学の担任が挙げた、ちょっとくだらない例がいまだに忘れられない

 ▼長い夏休みは普段できないことに挑戦しよう。そんな話の流れだった。思春期の生徒に、規則正しい生活を勧めても伝わらない。ベテランの担任はそう考えたのかもしれない

 ▼これまで当たり前にあった「長い夏休み」が今年はない。新型コロナウイルス感染症拡大に伴う休校で減った授業時間を確保するため、県内の全市町村で夏休みが短縮される。多くの小中学校はあすから、ようやく「短い夏休み」だ

 ▼プールで泳いで真っ黒になり、クーラーの効いた部屋で高校野球中継を見る。祭りに行ったり、家族で旅行したり。そうした夏の風景も、コロナ禍を前に変わってしまう

 ▼だが、子どもたちはたくましい。弊紙「みんなのひろば」を読むと、これまでとは違う生活の中で新たな発見をしたり、工夫する姿が見られる。状況を冷静に捉え、その中で成長しようとするのは子どもの持つ力だろう

 ▼5月末までの長い休校中、わが家の小中学生も、子どもだけで協力して昼食を用意できるようになった。今は通知表とは関係ない“勉強”をするいい期間。大人になったとき、「コロナの夏」に一つでも、楽しい思い出があるといい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事